TKDK PNP|プリントアンドプレイのボードゲームのブログ

ときどきプリントアンドプレイのボードゲームで遊びます。

Tempus Imperium

f:id:game_suke:20201211113654j:image

プレイ日時で展開が変わる、1人用の街づくり紙ペンゲーム!

今回は、自身の王国を発展させることが目的の1人用の紙ペンゲーム「Tempus Imperium」をご紹介します。少し前にご紹介した「Fox Meadow」と同じChris Andersonさんの作品で、ダイスを使用しないで紙1枚と鉛筆だけで遊べます。ランダム要素としてプレイ時の日時を使用し、その数字がマップ生成と無料アクションの種類になるので、毎回違った展開が楽しめます。

マップには、農場・家・砦・城などの建物の他、道、森、採石場、敵などを描きます。基本的に毎ターンですることは(1)無料アクションをする(2)金を払って好きなアクションをする、のどちらか。道を引く、建築する、建物の能力を使用する、などのアクションがあり、それぞれのアクションに数字が割り当てられていて、各ターンでは入力した日時の数字のアクションが無料で行えます。例えば、12月1日の19時30分にプレイ開始したとすれば、順に0-1-1-9-3-0という数字をマスに入力して、1ターン目は0、次のターンは1のアクションが無料になります*1。このシステム、よく出来てますね。

建物の建築には木か石の資源が必要で、建築したいマスと森や採石場など資源があるマスが道で接続していなければなりません(建設で使用した資源は無くなります)。単純にマス目に建物を建てていくだけではなく、資源を集めて建築をする要素があるのが面白いです。また同様に、敵と砦が道で接続すれば敵を討伐して金を獲得できます。よほど数字に偏りのない日時にプレイしない限り(たとえば8日の15時37分とか?)、通常は無料アクションでできることは限られているので、金はとても貴重です。

日時の数字でランダム性を生み出す仕組みって、他の紙ペンゲームでも遊んだことありますが、このゲームはアクションに数字を割り当てることで、毎回のプレイにかなり大きな変化を生み出すことに成功してる気がします。

用意するものは本当に紙1枚(まぁ印刷しないといけないですけど)とペンだけ。これまで紹介したどのPnPゲームよりもお手軽に遊べますので、気になったらぜひ。

Tempus Imperium

  • 人数:1人
  • 時間:30分
  • 年齢:記載なし
  • 作者:Chris Anderson
  • データ:シート・ルール*2公式サイト?・BGG
  • 和訳ルール:作りました*3
  • 作り易さ:超簡単(A4用紙 1枚)

*1:正確には6ターン目までは逆になるので、1ターン目が0、2ターン目は3です。

*2:PNPArcadeでも入手できます

*3:ご希望の方はツイッターDMでご連絡ください。