TKDK PNP|プリントアンドプレイのボードゲームのブログ

ときどきプリントアンドプレイのボードゲームで遊びます。

Tiny Farm

f:id:game_suke:20210113124528j:image

農場に動物たちを集めましょう。工作力が試される紙ペンゲーム!

今回ご紹介するのは、回転する盤が特徴的な、農場主となって様々な動物を飼育する紙ペンゲーム「Tiny Farm」です。

このゲーム、作ることでまず満足感を得られます。ボードが二重構造になっていて、回転させると穴から見える動物が変わっていきます。まぁ、こんなのとりあえず作りたくなりますよね😊

各プレイヤーシートには赤と青の2つの農場があり、回転ボードにも赤と青のミープルが1人ずついます。毎ラウンド、プレイヤー数+1個のダイスを振って、各プレイヤーが順にダイスを選び、ダイスの出目分だけどちらかのミープルを移動させ、止まった場所にいる動物をミープルと同色の農場のマスに描きます*1。最後に1つ余ったダイスの出目分だけ盤を回転させると、穴から見える動物が違う種類になって、次のラウンドを行います。

豚は隣接で高得点、馬は2つの農場にいる馬の合計数で得点など、動物ごとに得点方法が違い、また、赤青の農場のバランスも得点の対象となります。10ラウンド後に最終得点計算です。

回転ボードがズレないように中心をピンで留めるのが結構難しい(僕はお手軽にゼムクリップで固定しました)ですが、こういう、ちょっとしたギミックを手作りできるだけで充分楽しく、単純に動かすだけでプリミティブな喜びがありますね。気になった方はぜひどうぞ。あ、オートマとの対戦をする1人用ルールもあります。

Tiny Farm

  • 人数:1 - 4人
  • 時間:20 - 30分
  • 年齢:6歳以上
  • 作者:Mike Mullins, Ben Pinchback, Matt Riddle
  • データ:ボード・シートルールBGG
  • 和訳ルール:作りました*2
  • データ以外で必要なもの:6面体ダイス プレイヤー数+1個、ミープル 2個(赤と青を推奨)、マーカー1個、トークン 各プレイヤーにつき3個
  • 作り易さ:困難(A4用紙 2枚*3+プレイヤー数分)

*1:以前にご紹介したAtolみたいに、簡単に描ける動物イラストの例があればいいのになと思いました

*2:ご希望の方はツイッターDMでご連絡ください。

*3:ボードは厚紙に印刷するかシール用紙に印刷して厚紙に貼ってください。