TKDK PNP|プリントアンドプレイのボードゲームのブログ

ときどきプリントアンドプレイのボードゲームで遊びます。

Old Town Road

f:id:game_suke:20210811124720j:image

ガンマンたちの銃撃戦で組み上げるスリーカードポーカー!

今回は、BGGで開催中の2021 Solitaire PnP Contestの参加作品「Old Town Road」をご紹介します。アメリカ西部開拓時代の街道を舞台に、無法者たちが銃撃戦や強盗を繰り広げる1人用のカードゲームです。

各カードには、トランプのように数字とスートと、そのガンマンの射程距離と標的などが描かれています。ガンマン以外に建物のカードも数枚あります。手札は6枚で、カードの順番を入れ替えることはできません。毎ターン(1)銃撃戦(2)強盗(3)逃走のいずれかのイベントを行います。

銃撃戦は、いずれかのガンマンのカードの射程と標的が他のカードに適合した場合に発生し、撃たれたカードが取り除かれ、得点の山に移動します。
強盗は、建物カードの両側にいるガンマンの数字の合計が建物カード以上の場合に起こり、建物カードを得点の山に移動させます。
逃走は、銃撃戦や強盗が発生しない、または不要なカードを取り除きたい時に、任意のカードを取り除き、裏向きにして得点の山に移動させます。
イベントが終わると、山札からカードを1枚めくり、手札の左側に補充します。

山札が無くなるまでプレイしたら得点計算、なのですが、実はこのゲーム、カード3枚で役をつくるスリーカードポーカーで得点します。ワンペア+1枚で1点、フラッシュが2点、ストレートが3点、スリーカードが4点、ストレートフラッシュが5点で、カード順を入れ替えることはできないので、次はどのカードを得点の山に持っていくのが良いかを考えるのがこのゲームのポイントで、これがなかなか新鮮なプレイ感で面白いです。

銃撃戦に勝ったガンマンはカードの上下を反転させて追加の得点となる指名手配状態となったり、指名手配されたガンマンのみを標的とする保安官のカードや、強盗時のカードの合計が建物カードと同数の場合は金庫を破ってより多くの金袋(これも追加の得点)を獲得できるなどの要素もあり、高得点を目指すには、かなりパズル的思考が必要です。

ちなみにこのゲーム、フォーラムができた頃から追ってましたが、アートワークが付くまでは全然遊ぶ気にならなかったのに、アートワークができた途端にプレイしたくなったので、やっぱりアートワークって重要ですね😅

あと、本来は片手で持って遊ぶように作られていますが、よほど大きい手の人じゃない限りは、机に置いて遊んだ方が遊びやすいと思います。最近、ちょくちょく片手で遊ぶゲームあるけど、需要あるとは思わないけどなぁ...。

Old Town Road

  • 人数:1人
  • 時間:不明
  • 年齢:不明
  • 作者:Gregg Jewell
  • データ:カード表面裏面ルールBGGフォーラム
  • 和訳ルール:作りました*1
  • 作り易さ:普通(A4用紙 8枚、スリーブ 29枚)

*1:ご希望の方はツイッターDMでご連絡ください。